• カテゴリー別アーカイブ アナウンス
  • 「新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング」更新しました

    皆さん、こんにちは。

    『新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』に引き続き、『新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング』も更新を行いました。

    一応、MT4 Build 1090対応ということで更新を行いましたが、本書の場合、初版で対象にしていたMT4のビルドから画面回りはあまり変わっていないことと、EAのプログラムで修正の必要な部分はなかったことより、内容的にはほとんど変わっていません。何カ所か言い回しを変えた程度です。

    ただ、Build 1090と関係なく追加した部分が、2カ所あります。

    一つは本書ライブラリに連続勝敗数と損益を取得するMyOrderConsecutiveWins()、MyOrderConsecutiveProfit()という関数を追加した点です。

    もう一つは、別途ライブラリの差し替えと数行のコードの変更で本書サンプルプログラムがMT5で動作可能であるという記述を追加した点です。ただし、具体的な変更方法は本書には記載せず、あくまで本ブログで紹介した以下の記事へのリンクのみです。

    MQL4/MQL5共通EAライブラリ(180128版)

    本日以降、新規に購入された方には更新版が配信されています。既に購入済みの方で、更新版が必要な方は、お手数ですが以下の記事をご参考にしてアマゾンまでご連絡ください。

    Kindle電子書籍の改訂版を入手してみた」(青木宣明のブログ)

    なお、更新版では、最初の免責事項のページと最後の著者紹介のページに、MT4 Build 1090対応と記載されています。ご確認ください。



  • 「新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門」更新しました

    皆さん、こんにちは。

    2年前に出版したKindle本『新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』ですが、MT4のアップデートに伴い、内容が古くなってきたので、更新を行いました。

    修正箇所をすべて書き出すことはできませんが、基本的に、MT4 Build 1090に合わせてメニュー項目などの修正と一部画像の差し替えを行いました。若干言い回しを変えた文章もありますが、内容的に変更はありません。

    ただ「第3章 カスタム指標のプログラミング」のところで、サンプルプログラムのコードの変更を行っています。

    これは、既に本ブログの以下の記事で解説していますが、カスタム指標プログラムで指標が表示されないというケースに対応するためです。

    MT4 Build1090でカスタム指標プログラムを作るときの注意点

    MT4の仕様が変わったのか、単に不具合なのかよくわからないのですが、一応、「#property indicator_type1 DRAW_LINE」を追加すればOKなので、それに合わせて説明の追加とコードの追加を行っています。

    本日以降、新規に購入された方には更新版が配信されています。既に購入済みの方については、アマゾンの「コンテンツと端末の管理」の設定で「本の自動更新」がONになっていても、自動的に更新版が配信されることはありません。

    更新版が必要な方はお手数ですが、以下の記事をご参考にしてアマゾンまでご連絡ください。

    Kindle電子書籍の改訂版を入手してみた」(青木宣明のブログ)

    なお、更新版では、最初の免責事項のページと最後の著者紹介のページに、MT4 Build 1090対応と記載されています。ご確認ください。



  • 『新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング』発売

    先日予告していましたメタトレーダープログラミングのkindle本がアマゾンで販売開始されました。

    今回、実践プログラミングの本ということで、既出の「FXメタトレーダー実践プログラミング」の改訂版のように見えますが、単なる改訂版ではありません。

    MQL4のプログラミングの入門を終えたばかりの人を対象としていますが、プログラミングのなかでも、EAのプログラムに絞り、カスタム指標のプログラムには触れませんでした。

    いくら詳しく説明しても、MQL4のプログラムは初心者にとっては難しいと思います。そこで、本書の独自ライブラリを使うことを前提として、できるだけ簡単にプログラミングできる方法を紹介しました。

    やはり、ライブラリを使うことでプログラムを簡単にすることができるのは、EAのほうです。また、ほんとに自分でプログラムを作れるようになるには、同じようなパターンの繰り返しが必須なので、EAに絞ることにしました。

    さらに、サンプルプログラムとその説明を読んでわかった気になるのではなく、自分でEAが作れるようになることを目標としたので、これまでの本とは異なり、例題と練習問題を交互に提示する形にしました。

    例題では、売買システムの仕様と、それをプログラミングするための説明をしたうえで、サンプルプログラムを示していますが、練習問題は売買システムの仕様と簡単なヒントのみです。解答例はありますが、例題がわかっていれば説明の必要はないということで、かなり突き放した構成となっています。

    このように、EAプログラミングを自分で勉強するための練習問題集のような内容なので、そういう人を応援するという意味で、アカデミック価格として500円で提供することにしたのです。

    今回もkindle本ということで、編集、校正など自前でやりましたが、表紙デザインだけは外注しました。最終的に「かっぱデザイン。」様に依頼しましたが、担当の方がMT4を利用されており、前作のkindle本もお読みになっていたということで、こちらのイメージにマッチしたデザインを作成してくださりました。素敵な表紙デザインありがとうございました!

     



  • 次回Kindle本の案内

    取り急ぎ、次回Kindle本のカバーと目次です。
    現在、最終校正に入っていますので、来週中には出版できると思います。



  • 月替わりセール540円1月31日まで

    拙著Kindle本『新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』ですが、1月のKindle月替わりセールで4割引きの540円で販売されています。
    MT4の最新版Build1031に対応させるために、内容を更新したばかりです。
    1月31日までですので、この機会にお買い求めください。