Windows Vista で MT4

Windows Vista の場合、標準設定のまま、C:\Program Files の下にインストールすると、プログラムファイルなどユーザーが後から作成したファイルをその下に保存できないので、データ保存の際に書き込みエラーが出たりすることがあります。
それを防ごうとすると、インストールしたフォルダとは別の場所、例えば、
C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\MetaTrader 4
の下に保存するように保存先を変更しなければならなかったりします。
そのような作業がわずらわしい場合、インストールでインストールフォルダを選択するときに、ユーザーのフォルダの下、例えば、
C:\Users\{ユーザー名}\Program Files\MetaTrader 4
のようなフォルダを選んでインストールしておくと、Windows XP などと同じくインストールしたフォルダの下にデータが保存されるようになります。
にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



コメントは受け付けていません