「ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて」


久々に書籍のレビューです。
題名の通り、ランダムウォークと行動ファイナンス理論についてわかりやすく書かれています。
専門書ではなく一般書なので、理論といっても数式などは使わず、例を使って専門的なキーワードを説明し、さらにそれぞれのキーワードの関係が図示されており、理解しやすいものとなっています。
まずは、投資で失敗した人、うまくやれば絶対に儲かると夢見ている人にお薦めです。
要は、相場は基本的にはランダムウォークだが、行動ファイナンス理論で説明されるランダムでない部分がわずかにあるという話です。まあ、それだけだったら、なあんだ、ってことでしょうが、そのわずかに残されている可能性に対する投資方法についての著者の考えが述べられているところが本書のスパイスとなっています。
しかし、成功するためには、借り物ではない、自分自身のやり方を身につけるための努力が必要、という締めにがっかりする人には、お薦めできません。
手前味噌ですが、ランダムウォークについて色々と調べた記事があります。→こちら
にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



コメントは受け付けていません