オプションシステムトレード第2弾

前回の通貨オプションを使ったシステムトレードでは、1ヶ月満期のオプションを1年間ちょっとだけしかテストしなかったので、取引回数が少ないという問題がありました。
今回は、SAXO系の通貨オプション専用ですが、1週間満期のオプションを繰り返すシステムのテストを行ってみました。期間も金利データが揃っている2001年から7年間分、トータルで350回ほどの取引回数を確保しました。但し、1週間もののIVのデータがないので、何パターンか固定してやってみました。
通貨ペア:EUR/USD
期間:2001年1月~2007年10月
取引日:毎週金曜日
オプションの満期:1週間
IV:7%, 8%, 9%, 10%, 11%
システム1
ATMでプットとコールを売る
満期で権利行使されたら決済
今回はシステム1のみの結果です。

横軸は取引回数で、縦軸は1ユーロ当たりの累積損益(ドル)です。
システム1はほとんどランダムなトレードなので、前回のテスト同様利益が出ることは期待していなかったのですが、結果を見るとやはりIVにかなり影響を受けることがわかりました。
あと、過去1年間のパフォーマンスが高いことがわかりますが、これは、IVを固定してテストしているので、最近1年間のIVが実際にはかなり低めに推移しているためだと思われます。
いずれにしろ、正確なIVがわからなければ正確なバックテストはできないということになります。
なので、このシステムを改良するとしても、明らかに低いIVでも利益が出るようなシステムにならないと使えないことになります。
にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



コメントは受け付けていません。