MT4でリピートイフダン注文

最近、某有名為替ブログでリピートイフダン注文の話題が続いていますね。
対応しているFX業者さんが、大々的に宣伝しているせいでもあるかと思います。
ただ、これはシステムをプログラミングできるプラットフォームであれば簡単にできてしまいますね。
ちなみにMT4だと、こんなプログラムになります。

何度も発注しないように CalculateCurrentOrders()で現在の注文数をチェックする必要がありますが、オープンポジションか指値注文がなければ、新たに指値注文を入れるという非常に簡単なロジックです。
OpenPrice と ClosePrce を適当に設定して、OpenPrice < ClosePrice の場合買い注文、逆の場合、売り注文になります。これをエキスパートプログラム(EA)として実行しておけば、リピートイフダン注文に対応したことになります。 なお、CalculateCurrentOrders()は、 同じようなものを「FXメタトレーダー入門」の334ページで使っていますが、紙面の都合で詳しい説明は書けませんでした。オーダー関連の関数については別の機会に説明したいと思います。



コメントは受け付けていません。