「FXメタトレーダー入門」正誤表

「FXメタトレーダー入門」も増刷を重ねて第7刷となりました。
ここで第1刷からの修正点についてまとめておきます。
■184ページ11行目のiMAOnArray()のパラメーターの説明のところ。
(誤)applied_price 適用する価格
(正)(削除)
iMAOnArray()は、配列に適用する移動平均なので、PRICE_OPEN(始値)やPRICE_CLOSE(終値)などを指定するためのパラメータ applied_price は不要です。
■278ページ14行目
「本書を書いている時点でのメタトレーダーのバージョンでは、この画面で日本語の項目名が実際の項目とずれているのです。」
とありますが、2008年2月にリリースされたBuild213以降では、メールの設定画面の日本語の項目名は正しいものに修正されています。この注意書きは無視されて結構です。
■346ページ メタトレーダー採用業者
FX業者の移り変わりは激しいもので、第1刷で紹介した業者のうち、なくなってしまったり、会社名が変わってしまった業者がいくつかあります。第7刷では以下のような業者の紹介となっています。
ODL Japan
http://www.odls.co.jp/
英国系業者の日本法人。CFDにも対応。金融庁に金融先物取引業者として登録されています。
121証券
http://fx.121sec.com/
日本語対応。主要カバー先は米系のMB Trading社。金融庁に金融先物取引業者として登録されています。
ゲインキャピタル・ジャパン(フォーチュンキャピタル)
http://www.fortune-capital.co.jp/
米国系業者と提携。金融庁に金融先物取引業者として登録されています。
FXCM
http://www.fxcm.com/
米国系。世界最大級のFX業者。
FXDD(FXDirectDealer)
http://www.fxdd.com/
米国系。サーバー上での完全自動売買サービス(FXDDAuto)を提供しています。
Interbank FX
http://www.interbankfx.com/
米国系。100通貨単位から取引できます。
MIG Investments
http://www.migfx.ch/
スイス系。主要通貨ペアのスプレッドは2pipsです。



コメントは受け付けていません