MT4とMT5に対応した業者(Alpari)

皆さん、こんにちは。

日本でもMT4に対応した業者は増えてきました。
その中のAlpari japanで最近、ちょっとした障害の報告がありました。
相場が動いている平日にMT4にログインできないという致命的なものだったのですが、それをきっかけにちょっと調べたことがあるので、メモしておきます。

そもそもAlpari japanはMT4にしか対応していません。
ただ、Alpariは世界展開しているので、英国の法人Alpari UKでは、MT4に加えてMT5の口座を開設できるようになっています。
実際には、日本在住者がAlpari UKで口座を作ろうとすると、Alpari japanに飛ばされてしまうので、MT5のライブ口座を開設することはできないのですが、MT5のデモ口座を使うことはできます。

先日のAlpari japanの障害の際に、Alpari UK のMT5にも接続できなくなっておかしいなと思っていたのですが、サーバーを調べてみると納得しました。
Alpari japan MT4のサーバーには、以下のどれかが使われているようです。
●Alpari JP MT4 デモ口座

dc1.ajp-demo.mt4.alpari.co.uk(5.11.82.112)
dc2.ajp-demo.mt4.alpari.co.uk(193.46.204.112)
dc3.ajp-demo.mt4.alpari.co.uk(5.11.81.112)
dc4.ajp-demo.mt4.alpari.co.uk(176.56.184.62)
dc5.ajp-demo.mt4.alpari.co.uk(103.6.128.242)

●Alpari JP MT4 スタンダード口座

dc1.ajp-live.mt4.alpari.co.uk(5.11.82.111)
dc2.ajp-live.mt4.alpari.co.uk(193.46.204.111)
dc3.ajp-live.mt4.alpari.co.uk(5.11.81.111)
dc4.ajp-live.mt4.alpari.co.uk(176.56.184.61)
dc5.ajp-live.mt4.alpari.co.uk(103.6.128.241)

●Alpari JP MT4 プロ口座

dc1.pro.mt4.alpari.co.uk(193.46.204.105)
dc2.pro.mt4.alpari.co.uk(5.11.81.105)
dc3.pro.mt4.alpari.co.uk(208.122.38.212)
dc4.pro.mt4.alpari.co.uk(5.11.82.105)
dc5.pro.mt4.alpari.co.uk(176.56.184.55)
dc6.pro.mt4.alpari.co.uk(103.6.128.235)
dc7.pro.mt4.alpari.co.uk(223.25.233.219)

これを見るとわかるようにドメイン名が「alpari.co.uk」、つまりAlpari UKのサーバーを使っているのです。
ちなみにAlpari UK MT5のサーバーは以下の通りです。
●Alpari UK MT5 demo/live

dc1.live.mt5.alpari.co.uk (193.46.204.110)
dc2.live.mt5.alpari.co.uk (5.11.81.110)
dc3.live.mt5.alpari.co.uk (208.122.38.217)
dc4.live.mt5.alpari.co.uk(176.56.184.60)

結局、Alpari japanの障害はAlpari UKの障害だったわけです。
(その割にAlpari UKでの障害報告は見当たらなかったのですが・・・)
正確にはサーバーの障害ではなく、サーバー名とIPアドレスを対応させるDNSの障害だったからでしょうか?
ともあれ、MT4はAlpari japanで、MT5はAlpari UKで口座を作れば、基本的に同じ業者のサーバーとみることができます。
なので、同じロジックのEAを動かす場合に結果が異なれば、プログラムの違いによる可能性が高いことがわかります。
なお、MT4とMT5とで同じロジックのEAを作るためには、拙作「FXメタトレーダー4&5一挙両得プログラミング」をご参照ください。
今回障害があったことからAlpariの信頼度がちょっと下がったのですが、MT4とMT5で動作確認ができる業者の一つとして紹介しておきます。
ところで、Alpari UKのMT5を使いたい場合、Alpari UKのウェブサイトから探すのはちょっと面倒なので、以下の方法をお勧めします。
まず、MetaQuotes社のMT5をインストールします。
そして、[ファイル]→[デモ口座を開く]を選択すると、次のような画面が出ます。
201403241.png
このままではMetaQuotes社のサーバしか選択できません。
ここで、「add new broker ・・・」の行をクリックすると、文字列が入力できるようになるので、「Alpari」などと入力すると、下図のようにAlpariに関するサーバーを探してきてくれます。
201403242.png
ここなかの「Alpari-MT5」というのがAlpari UKのMT5なので、それを選択していくと、Alpari UK MT5のデモ口座を開設することができます。
このように同一のMT5上で色々なサーバーの選択ができるようになっているのです。
この方法は、MT4のビルド600以降でも採用されているので、MT4でもサーバーの変更が簡単にできるようになりました。
以上お試しください。



コメントは受け付けていません