メタトレ電子本目次

みなさん、こんにちは。

メタトレーダーの本を書いていたのですが、ようやく全体の構成が固まりました。

今回のは、最初に戻って「FXメタトレーダー入門」の改訂版にあたりますが、前作の内容はほとんど残っていません。前作を出した時はメタトレーダーの本すらなかったときだったので、メタトレーダー自体の入門という目的もあったのですが、今回はメタトレーダーの使い方の説明は必要最小限に減らしています。メタトレーダーのプログラミングの入門書という位置づけです。

プログラミングのスタイルも前回とは変わっています。MT4やMQL4の仕様が変わったということもあるのですが、初心者用に極力シンプルな形のプログラムにしています。

なので、タイトルは「FXメタトレーダープログラミング入門」とする予定です。ただし、頭に「新MT4対応」とかつくかもしれません。

今のところの目次を書いておきます。ただし、これから編集とか校正とかやるので、変更になる点もあるかと思います(電子書籍のセルフパブリッシングなのです)。とりあえず、途中経過の報告ということで、続報をお待ちください。

 

第1章 メタトレーダーの紹介
1-1 MT4のダウンロードとインストール
デモ口座の申請
MT4起動時の注意
1-2 チャートの使い方
新規チャートを開く
チャートの設定と保存
1-3 MQL4プログラミングの流れ
メタエディターの設定
プログラムの種類
プログラムのコンパイル

第2章 スクリプトのプログラミング
2-1 新規ファイルの作成
ソースコードの分類
2-2 文字列の表示(文字列定数)
2-3 チャート上のデータの表示(定義済み変数)
現在の売買価格
過去の価格(四本値の配列)
通貨ペアに関するデータ
2-4 データの型と変数
変数の宣言
変数への値の代入
2-5 組み込み関数の使い方
関数の書式
2-6 トレード関数の使い方
トレード関数を使うための設定
新規の売買注文
口座情報
ポジション情報
決済注文

第3章 カスタム指標のプログラミング
3-1 新規ファイルの作成
イベントに対応した関数
3-2 カスタム指標の基本プログラム
プログラム全体の設定(プリプロセッサ命令)
指標プロットのしくみ(初期化関数)
指標のプロット(指標計算関数)
カスタム指標の実行
3-3 指標の色や線種を変える
指標の色の設定
指標の線種の設定
指標の太さの設定
3-4 指標の計算式の書き方
四則演算の書き方
演算と代入をまとめた書き方
指標の計算例(四本値の平均)
3-5 繰り返しを使ったチャート全体へのプロット
for文の書き方
チャート全体にプロット
3-6 組み込みテクニカル指標関数の使い方
移動平均
モメンタム
ボリンジャーバンド
3-7 独自のテクニカル指標の作り方
テクニカル指標の平滑化
テクニカル指標の適応化
3-8 カスタム指標のデバッグ
コンパイルエラー
指標がプロットされない
ミスを少なくするためのメタエディターの設定

第4章 エキスパートアドバイザー(EA)のプログラミング
4-1 新規ファイルの作成
イベントに対応した関数
4-2 EAの基本プログラム
if文の書き方
条件式の書き方
条件式の組み合わせ
新規売買注文の書き方
決済注文の書き方
4-3 ストラテジーテスターによるEAの動作確認
ストラテジーテスターの使い方
EAの動作確認
4-4 EAのサンプルプログラム
移動平均を使った順張りEA
カスタム指標を使ったEA
ボリンジャーバンドを使った逆張りEA
損切り幅・利食い幅を設定したEA
決済シグナルを追加したEA
4-5 EAのデバッグ
過去のチャートデータがない
トレード関数でエラーが出る
ビジュアルモードで確認
4-6 ストラテジーテスターによるEAの最適化
バックテストの結果の見方
EA最適化のための設定
最適化の結果の見方
EAの最適化とカーブフィッティング
4-7 EAの自動売買のためのプログラミング
EAの実行
スリッページの調整
EA再実行時のチケット番号の取得
売買位置の表示
取引を通知する



コメントは受け付けていません