新メタトレ入門書の作り方(3)


『新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』

明けましておめでとうございます。年をまたいでしまいましたが、kindle本の作り方の続きです。

epub作成ツールとして重宝したでんでんコンバーターですが、いくつか困ったこともありました。

  • でんでんコンバータ―でエラーが発生してepubが作成されない

これは執筆が進んで、テキスト中でマークダウン記法やhtmlのコードが混在した頃に時々遭遇しました。でんでんコンバータ―では、何かしらエラーが発生すれば、エラーだということはわかるのですが、どこのファイルでどういうエラーが発生したのかはわかりません。

そのため、エラーを特定するために前のバージョンに戻したりと、結構プログラミングのデバッグのようなことをやりました。こまめに変換して正しくできることを確認しなくてはいけないとは、ほんとにプログラミングと同じでした。

ただ、慣れてくるとエラーの発生しそうなところはわかってきます。本書の場合、文中で「i<0」のようなコードを書いているところがあって、その不等号の記号がhtmlの記号と見なされて、おかしくなるケースが多かったようです。文中のコードは「`」で囲むマークダウン記法で書けば大丈夫でした。

  • でんでんコンバータ―でエラーが出ないのに反応しなくなる

エラーが出れば何とかなるのですが、エラーが出ないのにでんでんコンバータ―が反応しなくなることもありました。これは原因不明だったのですが、時間をおいて再度トライしてみるとできたりしたので、サーバーの負荷の問題だったのかもしれません。

実際、本書全体を変換する際に150個近い画像ファイルのリンクを張っていたので、ウェブ上サービスとしては使用条件が厳しかったのでしょう。でも無料のサービスなので無理を言ってはいけません。使える範囲で使うというのがマナーです。

  • 画像ファイルの解像度の問題

最後の方で問題に気付いて、結構な作業量となったのが画像ファイルでした。画像ファイルは150個もあるので、無暗に大きくしてしまうと全体のファイルサイズに影響します。当初はPCのKindleビューアで見て適当だと思われる解像度で画像ファイルを作成していました。

ただ、Kindleの端末やFireタブレットで読む人も多いだろうと多い、最も解像度の高いFire HDX 8.9を買って、それで確認してみました。すると、画像がすごく小さく表示されてしまい、文字などがよく見えなくなってしまいました。Kindle本は文字のサイズは変えられるのですが、画像のサイズは解像度で決まってしまうのでした。同じファイルでも解像度の低い端末では大きく表示されるものが、解像度の高い端末では小さく表示されるのです。

小さい画像もダブルタップで拡大することはできるのですが、いちいち拡大していては文章が読みにくいということで、画像ファイルをすべて大きいサイズで作り直すことにしました。画像ファイルは、大きすぎても勝手に縮小して表示してくれるので、特に問題はありません。結構手間はかかりましたが、編集・校正作業全体に比べればわずかなものです。次からはその手間は省けるでしょう。

  • 最後にKDPに登録

KDPへの登録は、本書の本体のファイルをアップロードをする前にある程度済ませることができます。KDPのアカウントもアマゾンのアカウントがあればすぐに作れます。以前は米国の源泉徴収税の免税処理が面倒だったようですが、最近は米国以外で販売する場合は、この処理は不要になっています。

本のファイルをアップロードした後に決めるのが本の価格です。これがなかなか悩ましいところですが、そのときパンローリングのメタトレーダーの本がKindle版で1800円だったので、その半額ということで900円に設定しました。

ロイヤリティは2か月後ということなので、まだもらってません。ロイヤリティを70%にした場合、別途配信コストがかかるということでしたが、1MBあたり1円ということで、本書の場合6円でした。これも本のアップロード時にはよくわからなくて、アップロードしたmobiファイルが12MBあったので、12円かかるのと思っていたのですが、実際に配信されるファイルは半分くらいに小さくなっているようでした。

他にもよくわかっていないことも多いのですが、とりあえずアマゾンから文句も言われていないし、読者からのクレームもないので、いいのかなと思っています。ということで、本年もよろしくお願いします。



コメントは受け付けていません