MT5ヘッジ口座用ライブラリ

皆さん、こんにちは。

前回の記事でもちょっと触れましたが、MT5のヘッジオプション機能が正式にリリースされました。MT5でも、MT4のようにオーダー毎にポジションが建てられるようになったようです。

以下が日本語のリリース記事です。(タイトルは意味不明ですが・・・)

MetaTrader 5取引プラットフォームはヘッジを獲得しました

記事によると、これでMT5への移行は問題ない、と言わんばかりの書き方ですね。しかし、ポジションの扱いは見た目上、MT4と同じにはなりましたが、肝心のプログラミングの部分は相変わらず、互換性のないままです。これでMT5への移行が進むとは考えにくいです。

ところで、拙著の『メタトレーダーではじめるFXシステムトレードプログラミング』は、MT4とMT5で同じソースプログラムが使えますよ、という本だったのですが、そういう需要がなかったせいか、あまり売れてはいないようです。

ただ、私がEA作成用に利用しているのがこのライブラリなので、今回、MT5のヘッジ口座で使えるようなライブラリを作成してみました。

ライブラリは、拡張子がmqhのヘッダファイルとして作成されています。解凍してできたファイルをMT5のデータフォルダの「MQL5\Include\MyLib」の下にコピーしてください。一応、黄色本のサンプルプログラム一式がインストールされていることが前提です。

ヘッジ口座用のEAを作成するには、プログラムの最初に「#define HedgeAccount」を追加するだけです。下のように「#include」の前に記述します。

この状態でコンパイルすると、ヘッジ口座用のライブラリを組み込んで実行ファイルが作成されます。EAの使い方はこれまでと同じです。「StartHistory」「RetrieveHistory」といった余計な変数がなくなったので、逆に見やすくなったかと思います。

なお、ライブラリ関数の仕様は、黄色本に掲載したライブラリ関数と同じです。詳しい使い方については、黄色本を参照していただきたいと思います。但し、例によって本ライブラリを使用したことにより生じるいかなる損害に対しても著者は責任を負いません。自己責任でのご利用をお願いいたします。



コメントは受け付けていません