Pythonはじめました

皆さん、こんにちは。

私、MQL4,MQL5が人生最後のプログラミング言語かと考えていたのですが、わけあって、巷で噂のPythonをはじめることになりました。

わざわざ宣言する必要もないのですが、このブログのネタもないですし、内輪で使う人がいるかもしれないので、これから不定期にPythonに関する記事を書いていく予定です。と言っても、私自身がPython初心者なので、わかったことを備忘録として書いていく感じです。

Pythonの魅力は、Python単体の機能に加えて、そのライブラリの種類、量の豊富さでしょう。ライブラリをうまく使えば、面倒な処理も簡単に書くことができるようです。ただ、ライブラリの機能が多すぎるので、やりたいことがあっても、その方法を探し出すのに結構手間がかかります。

まず、Pythonのインストールについても、調べてみると色々な方法が出てきます。Python本体をインストールして、その後、必要なライブラリをインストールしていくのが基本なのでしょうが、Windows PCでやろうとすると、うまくいかないこともあるようです。結局のところ、Pythonの開発環境なども含めると、以下のサイトのANACONDAをインストールするのが最も無難な気がします。

https://www.continuum.io/

ただ、Pythonもバージョン2.7と3.5という二つのバージョンがあるようです。完全な互換性はないようなので、使用するライブラリの対応状況などで、使い分けるのでしょう。まあ、MQL4とMQL5の違いに比べれば、些細な違いでしょうが。

一応、これから取り上げるPythonの記事では、Python3.5.1を対象にします。システムトレードで使うことを目的としているので、ほんとのPython入門的なところは省略します。

ではまた。



コメントは受け付けていません