スワップ+αのオプション戦略

オプション売りは確かに勝率は高いけど、負けたときの損失が大きいのも事実。
ポジション調整で凌げる場合も多いが、それが限界まで来てしまうと大きな損切りとなってしまう。
ネイキッド売り、ショートストラングル、レシオスプレッドなど色々な戦略を試してみたが、SAXOでのオプションはスプレッドが8,9pipsと広いので、なかなか有利なポジションを作りにくい。
ここは初心に戻って(何度初心に戻ったかわからないが(^^;)為替の特徴でもあるスワップ目当てのポジションと組み合わせたオプション戦略について考えてみよう。
スポット買いポジションがある場合、コールの売りを入れたカバードコールはオプション売りに損失が出てもスポットポジが補填してくれるのでリスクは小さい。逆にスポットポジの損失が出ても、オプションのプレミアムとスワップでわずかではあるが補填されるので、長期的に見れば損失は限定される。
これがストレスもたまらず無難な戦略かなという気がする。
にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



コメントは受け付けていません