「最強のポイント・アンド・フィギュア分析」

今回、ポイント&フィギュア作成ツールで参考にした資料はこれ。

基本的には3枠で反転。1枠をいくつにするかは、トレードの手法にもよるが、ドル円の日足チャートの場合、1枠0.5円くらいが適当か。
チャートの更新方法は、現在、このようなチャートの場合、

高値が118.50以上になれば

と118.50の枠に×を追加。逆に安値が116.50以下になれば、反転して、列を変えて○を3個記入。

こんな感じです。なので、この方法だと、反転したところで、○と×の位置は一つずれます。
SAXOのチャートでは、反転したところの○と×の位置が揃っていたりずれていたりなので、ルールが違うようです。
にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



コメントは受け付けていません