MQL4/MQL5共通EAライブラリ(180619版)

今週、MT5がbuild1860にアップデートされました。(現在、build1861です。)

それに伴って、新メタトレ実践本用のMQL4/MQL5共通EAライブラリがそのままでは使えなくなったので、取り急ぎ対応版をアップロードします。ライブラリファイルは、以下からダウンロードできます。

ライブラリ関数の変更点、追加点は以下の通りです。

  1. iOpen(), iLow(), iHigh(), iClose(), iTime(), iVolume(), iHighest(), iLowest(), iBarShift()の各関数がMQL5でサポートされたため、LibMQL4.mqhから削除しました。
  2. LibOrder4.mqhとLibOrder5.mqhに次の関数を追加しました。
    //過去の総損益(金額)の取得
    double MyOrderTotalProfit(datetime from_date, datetime to_date, int pos_id=0)
    from_dateからto_dateまでの期間で、ポジション番号pos_idの取引の総損益を取得します。
  3. #define UseOrderComment を記述し、以下の関数を定義することにより、各注文のコメントをマジックナンバー以外に設定できるようにしました。
    string MagicToComment(long magic)
    使用方法については、別の記事で説明します。
  4. 許容スリッページ SlippagePips を#defineでも設定できるようにしました。

ライブラリの基本的な使い方は変わっていません。以下の記事をご参考にしてください。

以上です。



コメントは受け付けていません