共通ライブラリまでの道のり

今回、『メタトレーダー4&5共通ライブラリによるEA開発入門』(新メタトレ二刀流本)を出版したことを記念(?)して、メタトレーダーに振り回されてきた独自ライブラリ開発の歴史を振り返ってみます。

  • 2005年7月
    MetaTrader 4(MT4) リリース

  • 2008年1月
    FXメタトレーダー入門』出版

  • 2009年10月
    FXメタトレーダー実践プログラミング』出版
    オーダー系のライブラリを作成。オーダー時にエラー処理などを追加した関数をいくつかライブラリ化。コンパイルしたライブラリファイルと、関数プロトタイプ宣言を書いたヘッダファイルをセットで使う形。この方式はライブラリが複数のフォルダにまたがり、初心者が混乱するので、今回限り。

  • 2010年6月
    MetaTrader 5(MT5) リリース

  • 2013年12月
    FXメタトレーダー4&5一挙両得プログラミング』出版
    このとき、MT4は旧MQL4、MT5はネッティング口座のみで、全く互換性なし。ライブラリをMQL4用とMQL5用で別々に作成。MQL5でMQL4と同じポジション管理ができるように、仮想ポジションのライブラリを作成。それに合わせてMQL4もポジションごとにオーダー、ポジション情報取得関数をライブラリ化。ただし、今回はヘッダファイルのみ。

  • 2014年2月
    MT4 build 600 アップデート
    MQL4がMQL5に近づき、新MQL4となる。

  • 2014年12月
    メタトレーダーではじめるFXシステムトレードプログラミング』出版
    MQL4が新MQL4になって、テクニカル指標関数のクラスライブラリがMQL4、MQL5の両方で使えるようになったので、MQL4とMQL5でソースプログラムを共通にできるライブラリを作成。ライブラリ自体は、前回と同様、オーダーとポジション情報取得関数をヘッダファイルに。MQL5用のライブラリには、MQL4のみで対応している関数を追加。仕掛けシグナル、手仕舞いシグナルごとにヘッダファイルを作って、インクルードファイルを切り替えるという方式を「TempleteEA」としてを実験的に採用したが、結局この本でしか使わなかった。

  • 2015年11月
    新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』出版
    『FXメタトレーダー入門』の大幅改訂版(初めてのkindle版)

  • 2016年3月
    MT5がヘッジング口座に対応

  • 2017年3月
    新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング』出版
    前回のライブラリをMQL4用だけ抽出して、一つのヘッダファイルとして作成。シグナルを引数とするオーダー関数を追加。この本ではMT5については触れなかったが、MT5がヘッジング口座に対応したので、MQL5用のライブラリも同時に作ってあり、今回の共通ライブラリの原型はできていた。

  • 2019年11月
    メタトレーダー4&5共通ライブラリによるEA開発入門』出版
    前回のライブラリに、テクニカル指標関数の書式をMQL4に揃えるためのライブラリ(MQL5用)と、MT5のタイムフレームを使うためのライブラリ(MQL4)を追加して、今回の共通ライブラリを作成。



コメントは受け付けていません。