• カテゴリー別アーカイブ オプション取引
  • 保ち合いで儲ける方法

    なんて書くと、また怪しい方法の紹介か、私はこれでだまされました・・・と続くかと思われるかもしれません。
    でも、これは怪しい方法ではなく、れっきとした取引方法「オプション取引」です。
    為替だけをやっている人にはあまり知られていないかもしれませんが、先物取引とセットでサービスされているケースが多いようです。「オプション取引」についての詳しい説明は以下のリンクを参照してください。
    http://www2.monex.co.jp/lounge/hint/sakimono_option/index.html
    http://www.orix-sec.co.jp/shohin/sakimono/index.html
    オプション取引はコール、プットがそれぞれ売買でき、それらを組み合わせることで様々な方法が作れるので、単純にオプション取引=保ち合いに強い取引というわけではありません。
    オプション取引の組合せの中の「ショートストラングル」という手法が保ち合いで儲かる方法です。
    簡単に言うと、例えば、ドル円がある一定の期間中に110円から115円のレンジに収まっていると予想します。そうした時に、115円のコールオプションと110円のプットオプションをそれぞれ売ると下のような損益グラフとなります。

    今の例ではA=110円、B=115円です。売りオプションは期間が経つに従ってだんだん増えていき、最終的には実線のようにA-Bの範囲で一定の利益が確定します。
    つまり、相場の多少の変動には関係なく、最終的に予想したレンジの中に収まっていれば、利益が得られるのです。
    但し、レンジから外れてしまうと、損失が出てしまうというリスクがあります。
    なのでどんな相場でもいいというわけではなく、ある程度レンジ相場になる確率が高いと判断される場合にこのオプション取引をうまく使うと、高い確率で利益を出すことができるのです。
    為替でオプション取引を利用できる業者はまだ少ないですが、結構奥が深い方法だと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ為替ブログランキング 現在8位
    最新のテクニカル分析やトレーディングシステムの記事が満載です。