• カテゴリー別アーカイブ 最近読んだ本
  • 「FXスイングトレードテクニック」


    ちょっとアマゾンのギフトカードが余ったので買ってみました。
    最初は単なる「こうやったら儲かりました」本の類かと思っていました。
    またそうであったとしても、独自のトレーディングシステムでも書いてあれば参考にしようかと思ってましたが、それらの期待はことごとく裏切られました。
    著者の田平さん、なんで「ドクター田平」なんだろうと思ってましたが、略歴見て驚きました。
    なんと京大の経済学部出た後、阪大の医学部出てお医者さんになっている方です。
    これは、前回紹介した「勝者もなく敗者もなく」に出てくる元音楽家のトレーダー田中さんの時に匹敵する驚きです。
    単に文系から理系に転進したというだけではありません。京大、阪大と言えば、行きたいと思って誰もが行けるところではありません。こういう特殊な経歴に弱い私は、この本を真剣に読むことにしました。
    本題はFXスイングトレードテクニックなのですが、特に独自のシステムを使っているわけではなく、基本はMACDで、フィルタとしてスローストキャスティクスを使うというスタイルです。著者はむしろ一般的なテクニカル指標を使うべきだと言っています。
    この本で強調されているのは、投資テクニックではなく、投資哲学です。当たり前だけど、誰もが陥りやすいポイントをわかりやすく説明してあります。
    「効率的市場仮説」など経済の用語も使いながらも、テクニカル指標の感度と特異度をがん検診に置き換えて説明しているところが面白いです。
    テクニカル指標が万能ではないことを、風邪一つとっても医師の処方はマニュアル通りではないということに例えてあり、なるほどと思いました。
    前述の田中さん同様、田平さんのバックグラウンドが矛盾なく投資哲学に表れており、そういう意味で説得力がありました。
    最終章でシステムを使った自動売買について触れてあり、感情を排除した究極の投資法と書かれてありますが、システムを作るのは人間だと締めくくられています。
    私は工学系の人間で、システムを厳密に定義してプログラミングしたいと思っているので、直接参考になることはありませんでしたが、自分の得意分野の考えを投資テクニックに取り込むことで、他人に惑わされない自分だけのシステムが作れるのだと確信しました。



  • 「勝者もなく、敗者もなく」


    この本は以前、トラバ先のブログで紹介されていたもので、いつか読みたいなと思っていました。
    特にトレーダーになった音楽家、田中雅さんのお話です。
    確かにチェリストと為替トレーダーを結ぶ接点は普通に考えて思い当たらない、その一般人に理解できない意表性がネタなんでしょうが、この話だけでなく、氏に関するブログなどを読んだところ、接点が見えてきました。
    氏はなるべくしてトレーダーになったのだと思います。しかもシステムトレーダーに。彼はもともと音楽より工学の才能に長けていたそうです。そのまま工学の分野に進んでも成功はしていたでしょうが、今のように世間から注目される存在になっていたかどうかはわかりません。
    私もそうですが、人生の中で趣味として音楽をたしなむ時期を経験する人はかなりいると思いますが、大学進学時に全く方向転換して音楽家を目指そうという人はほとんどいないでしょう。私はむしろ、ここでの転進に驚きを覚えました。しかも、中途半端でなく、プロの音楽家として名をはせる領域まで到達したというのですから、ある意味天才です。いや、わずかな才能を備えた上での努力の賜物といった方が正しいでしょう。
    このように高度に工学と音楽のセンスを身につけた人間であれば、わずかな金融取引の経験がきっかけとなってトレーダーに転進するということは不思議なことではないと思います。まあ、自分もそうなりたいと思っているから勝手にそう決め付けているだけかもしれませんが。
    この本の中で印象に残っている言葉は、
    「決定的なアイディアは非常にシンプルだけど、誰も考えたことがないものである」
    「芸術でも科学でも本当に優れた人はルールからはずれている。ただ、本当にはずれてしまったらダメな人である」
    です。確かにその通りだと思うのです。私はコンピュータやプログラムは好きですが、コンピュータミュージックはあまり好きではありません。それは人間の演奏は完璧に楽譜に忠実に行われているわけではなく、音程にしても、リズムにしてもわずかなずれがあるからなのだと思います。そのずれを人間に心地よいものにコントロールできるかどうかがプロとアマとの決定的な違いなのでしょう。
    これはシステムトレーディングの世界にも当てはまります。ちょっとした試行錯誤で新しいルールを作ることはできますが、それは本当に相場のツボを押さえた決定的なものではなく、たいていは単なるカーブフィッティングにしかすぎないので、すぐに破綻してしまいます。シンプルだけど誰も考えたことのないルール、しかもそれがわずかなずれを伴って相場と共鳴する。ここまで到達した人がプロのシステムトレーダーとなれるのでしょうね。



  • 「ペンタゴンチャート入門」


    ペンタゴンチャートは外為どっとコムで見たことはあったのですが、いまいちよくわからなかったので、今回たまたま図書館で見つけたのでざっと読んでみました。
    しかし、ペンタゴンの書き始めの位置と大きさの決め方がいまいち曖昧なのと、売買タイミングについてあまり触れられていないので、やっぱりシステム化は難しいというのが感想です。
    チャートを見ながら裁量トレードするテクニカルトレーダならチャートの一つとして大いに利用価値はあるのでしょうが、機械的にトレードしたいシステムトレーダにとってはちょっと使えません。残念でした。



  • 「天才数学者、株にハマる」

    手ぶらで為替取引から引き続いて、図書館で借りた本の紹介をします。まあ借りた本なのでほとんど斜め読みですが、読んだ端からすぐに忘れてしまうので単なる覚え書きです。

    続きを読む 投稿 ID 24