• カテゴリー別アーカイブ FX取引業者
  • 121証券でMT4

    121証券(旧ミスター証券)でMT4が使えるようです。
    ミスター証券というとSAXO系のプラットフォームに対応していたので、以前、オプション取引への対応について問い合わせたことがあったところです。
    オプションへの対応はまだされていないようですが、別のプラットフォームとしてMT4に対応したようです。
    http://fx.121sec.com/service/business.html
    さっそくDEMO版をダウンロードしてみました。取り急ぎレビューです。
    通貨ペア数は18種類でだいたいのメジャー通貨ペアには対応しています。
    ちょっと意外だったのは、サーバー時間が日本時間だったということです。
    日本時間のままトレードしたい人にはいいかもしれません。
    ただ、そうなると問題なのが日足チャートです。日本時間の0時から24時までで1本の足ができてしまいます。1日の終値が日本時間の24時、つまりNY時間の真っただ中というのは、大丈夫でしょうか?
    あと、日足も週に5本ではなく、6本できます。半端な足は日曜日の早朝ではなく、土曜日の0時から6時までに1本できてしまいます。
    日足チャートは使いにくそうなので、中長期トレードより、デイトレ向きのプラットフォームと言えるでしょう。



  • MT4採用業者 FxPro.com

    「FXメタトレーダー入門」でも紹介したMT4採用業者のNorth Financeですが、現在、新規口座開設を中止しているようです。
    http://www.northfinance.com/real-account/
    理由はリアル、及びデモアカウントの増加で最大キャパを越えたからということらしいです。本当かどうか知りませんが、その代わり、別のMT4採用業者FxPro.comを紹介しているようです。
    http://www.fxpro.com/
    これはキプロスにある業者です。日本語のページはありませんが、ロシア語と中国語のページがあるので、North Finance 同様ロシア系なのかもしれません。
    とりあえずデモ口座を試してみました。
    North Finance 同様、通貨ペア数は多いです。66個あります。少なくともメジャー通貨USD, EUR, JPY, CHF, GBP, CAD, AUD, NZDのすべてのクロスペアはありそうです。
    違いは、EUR/USD, USD/JPY などさらに12のメジャー通貨ペアで6ケタのレートに対応しています。つまり、0.1pip単位ということになります。動きが細かいです。
    こうすると、スプレッドを微妙に変えることができます。たとえば、今まで2pipsだったのを、1.8pipsみたいに。
    FXCMやSaxoBankなどの大手も0.1pip単位に対応していますので、これからは、スプレッドも0.1pip刻みの争いとなるのでしょう。



  • FXCM USでMT4

    久々にFXCM US のサイトを訪れたところ、既にMT4に対応していました。
    http://www.fxcm.com/meta-trader.jsp
    そう言えば、以前対応予定の記事書いたっきり忘れてました。
    FAQをざっとみたところ、
    開設可能なのは USD建てMINIアカウントで、最低預け入れ金額は$2,000、最小取引単位は1万通貨
    MT4に対応しているのはFXCM USとFXCM UKのみで、FXCM Japanでは不可
    Expert Advisor での自動売買は可能(当然でしょう)
    ということです。
    MT4対応業者としてそう目新しいところはないのですが、後発な分、米国CFTC、NFAに登録されているということを売りにしたいみたいです。
    以下のMT4採用業者は登録されていないと名指しで書いています。
    FXDD, FXOpen, Crown Forex, MIG Investments, Lite Forex, FXcast, North Finance
    あと、MT4のアカウントは従来のFX Trading Station用のアカウントは別なので、別アカウントを作る必要ありますが、すでにFXCM US にアカウントがある人は資金移動フォームを送ることで簡単にMT4用のアカウントを作ることができるでしょう。
    新規にMT4の口座を作りたい人は口座開設の手続きが必要となりますが、Japanデスクがあるので日本語での問い合わせは可能です。
    これで、日本語対応の海外MT4採用業者としてFXCM USが追加されたことになります。



  • ODL Japan

    先月セミナーで講演したのが縁で、ODL Japan のウェブサイトから当方のサイトへのリンクを張ってもらいました。
    ODL Japan はMetaTrader4 を採用している日本の数少ない業者の一つです。
    MetaTrader4 を使いたいけど海外の業者はちょっと不安という方にはいいかもしれません。
    ただ、データサーバーは親会社の ODL Securities と同じくイギリスにあるので、サーバータイムはGMTになっています。
    日本時間で9時からが新しい足になるので、他の業者と比べてテクニカル指標など多少ずれることがあります。
    また、週明けの日足チャートに数時間だけの足がついてしまうのでご注意ください。
    にほんブログ村為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら



  • FXDDのサーバータイム

    MetaTrader4でのテクニカル分析、システムトレードで難点だったのが、日足チャートで週明けに1時間とか2時間とかの短時間の足がついてしまうことでした。
    これはサーバータイムに依存するので仕方ないと思っていましたが、最近 FXDDでMetaTrader4を使うようになってチャートをよく見てみると、週明けに中途半端な足がついていません。ちゃんと1週間に5本だけになっています。
    FXDDは米国の業者なので現地のサーバータイムを使ってしまうと、当然半端な足ができてしまうのですが、実際には、MetaTrader4の仕様に合わせて日本時間-6時間というサーバータイムにして、ちょうど週明けが月曜の0時から始まり、金曜日の23時に終わるようにしているみたいです。
    FXDDは通貨ペア数が20とそれほど多くはありませんが、サーバーの反応も良く安定しているので、ちゃんとした日足チャートが欲しい人にはお薦めです。
    FXDDのサイト
    http://www.fxdd.com/
    にほんブログ村 為替ブログへ上位ランキングのブログ記事はこちら