• 「勝者もなく、敗者もなく」


    この本は以前、トラバ先のブログで紹介されていたもので、いつか読みたいなと思っていました。
    特にトレーダーになった音楽家、田中雅さんのお話です。
    確かにチェリストと為替トレーダーを結ぶ接点は普通に考えて思い当たらない、その一般人に理解できない意表性がネタなんでしょうが、この話だけでなく、氏に関するブログなどを読んだところ、接点が見えてきました。
    氏はなるべくしてトレーダーになったのだと思います。しかもシステムトレーダーに。彼はもともと音楽より工学の才能に長けていたそうです。そのまま工学の分野に進んでも成功はしていたでしょうが、今のように世間から注目される存在になっていたかどうかはわかりません。
    私もそうですが、人生の中で趣味として音楽をたしなむ時期を経験する人はかなりいると思いますが、大学進学時に全く方向転換して音楽家を目指そうという人はほとんどいないでしょう。私はむしろ、ここでの転進に驚きを覚えました。しかも、中途半端でなく、プロの音楽家として名をはせる領域まで到達したというのですから、ある意味天才です。いや、わずかな才能を備えた上での努力の賜物といった方が正しいでしょう。
    このように高度に工学と音楽のセンスを身につけた人間であれば、わずかな金融取引の経験がきっかけとなってトレーダーに転進するということは不思議なことではないと思います。まあ、自分もそうなりたいと思っているから勝手にそう決め付けているだけかもしれませんが。
    この本の中で印象に残っている言葉は、
    「決定的なアイディアは非常にシンプルだけど、誰も考えたことがないものである」
    「芸術でも科学でも本当に優れた人はルールからはずれている。ただ、本当にはずれてしまったらダメな人である」
    です。確かにその通りだと思うのです。私はコンピュータやプログラムは好きですが、コンピュータミュージックはあまり好きではありません。それは人間の演奏は完璧に楽譜に忠実に行われているわけではなく、音程にしても、リズムにしてもわずかなずれがあるからなのだと思います。そのずれを人間に心地よいものにコントロールできるかどうかがプロとアマとの決定的な違いなのでしょう。
    これはシステムトレーディングの世界にも当てはまります。ちょっとした試行錯誤で新しいルールを作ることはできますが、それは本当に相場のツボを押さえた決定的なものではなく、たいていは単なるカーブフィッティングにしかすぎないので、すぐに破綻してしまいます。シンプルだけど誰も考えたことのないルール、しかもそれがわずかなずれを伴って相場と共鳴する。ここまで到達した人がプロのシステムトレーダーとなれるのでしょうね。



  • マーケット間の相関

    よく日経平均が上がった理由や下がった理由として、米国株式市場の上がり、下がりが引き合いに出されることが多いですが、本当かどうか簡単な検証を行ってみました。大きな相関があればトレーディングシステムに使えると思ったのですが・・・
    日本株式:日経225
    ドイツ株式:DAX
    米国株式:S&P500
    の過去14年くらいのデータを使ってみました。
    DAXとS&P500は取引時間が重なっている部分があるので、日経225の結果がDAX,S&P500にどう影響するか、S&P500の結果が次の日の日経225、DAXにどう影響するかを調べてみました。
    結果は、
    日経225→DAX
    1632:1752
    日経225→S&P500
    1692:1692
    S&P500→日経225
    1699:1686
    S&P500→DAX
    1727:1727
    となりました。左側の数値は両方のマーケットの上下が一致した回数、右が一致しなかった回数です。S&P500→日経225でわずかに当たっている回数が多いですが、相関があるかどうかは微妙なところです。ちなみに価格が1%以上動いた場合について同様に調べてみたところ、次のようになりました。
    日経225→DAX
    600:658
    日経225→S&P500
    636:622
    S&P500→日経225
    429:414
    S&P500→DAX
    419:429
    S&P500→日経225、またはその逆で多少相関があるように見えますが、対DAXではどちらかというと逆相関になっているような感じです。しかし、当たり外れの差が1%くらいですから、単純にこれだけで方向を予測するのは難しいですね。



  • システムトレーディング向きの市場って?

    よくシステムトレーディングの本に、「このシステムは堅牢に設計されているのでどんな市場でも対応できる」ようなことが書いてあるが、本当だろうか?逆に特定の市場に特化したシステムが紹介されているのも見たことがない。なぜだろう?
    どんな市場でもOKなら、ランダムウォークに限りなく近い相場でも勝てるのだろうか?そんなことはないだろう。市場の何らかの特異性を利用しなくては利益は上げられないはずだ。しかし、その特異性が時間とともに変化し、予測不可能であれば、特定の市場に特化したシステムは作れない。
    システムトレーディングの本には結局は一般的なことしか書いていない。時間的に変化しない市場の特異性、またそれに合ったトレーディングシステムは自分で探さなくてはならないということか。



  • テクニカル分析とシステムトレーディングの違い

    最近ネタがないので、昔のBLOG記事をちょっと引っ張り出してみます。
    テクニカル分析のためのツールには、非常にたくさんのテクニカル指標が用意されていますし、テクニカル分析でトレードされている方も、一つの指標だけではなく、複数の指標を見ながら判断されていると思います。これは、どんな状態の相場にも対応できる唯一の指標というのがないということと、仮にそういう指標があったとしても、その指標がどういう状態になったときに売買すればよいかを決定するルールがそう単純ではないということだと思います。
    おそらくコンスタントに利益を上げている優れたテクニカル分析家の手法を厳密にプログラムすると、かなりの場合分け、例外処理が複雑に絡み合ったものになることでしょう。しかし、処理が複雑になるのは人間向きのアルゴリズムをコンピュータ向きのアルゴリズムに書き換えるからです。テクニカル分析家本人はそれほど複雑なことをやっているとは思っていないでしょう。
    元々テクニカル指標は人間が見てある程度判断しやすいような表現になっています。しかし、システムトレーディングは完全に機械的に判断するので、人間が見てわかる必要はないのです。そういう意味では、人間が見てもわからないが、機械的な判断のやりやすい指標を作れば処理も簡単にすることができます。このあたりがテクニカル分析とシステムトレーディングの違いの一つだと思います。
    テクニカル分析手法が山ほどあるのと同じようにシステムトレーディングの手法も山ほどあります。しかし、コンセプトはかなり異なります。これをごっちゃにしてしまうと、テクニカル分析としてもシステムトレーディングとしても中途半端なものになってしまいます。